本文へ移動

社員紹介(木次谷 友美)



10年間の営業事務を経てルートセールスに。
学生の頃からやりたかった“接客”を含む仕事は、やっぱり楽しい!

プロフィール            

木次谷 友美 Kijiya Tomomi
2級土木施工管理技士
第2種あと施工アンカー施工士
建設業経理事務士3級

入社年: 1994年
所属・役職:
●本社営業部 製造チーム 係長
●ルートセールス
弊社ホームページで私の業務をお伝えするために、取材に快くご協力くださったY's Welding株式会社の米澤伸幸社長。 営業事務時代から15年以上お世話になっている私の大切なお客様の一人です。

もくじ

入社したきっかけ

地元で働こうと求職活動中に見つけた「営業事務」の求人。
“なんとなくおもしろそう”と思って応募したのが始まりです。

お客様との打ち合わせでは、商品の仕様などの情報はiPadで行うことが多いです。
もともと地元での就職を希望していて、求職活動中に見つけたのが東光産業の「営業事務」の募集でした。 そのとき私は、“むずかしそうだけど、おもしろそう!” と思ったのです。

そう思ったのには理由があって、高校生のときのアルバイト体験が大きいです。 夏休み・冬休みを利用してベビー服売場や紳士服売場でアルバイトをしたのですが、「接客業って楽しいな」と感じている自分がいました。 「営業」という文字がついた職種を選んだのは、“卒業したら接客を含む仕事をしたい”と考えていたからです。

入社してから約10年間は営業事務に従事していました。 が、あるとき前社長に「営業をやってみないか」と声をかけていただいたのです。

当時はルートセールスで女子社員はいなかったので、自分にできるかどうか不安はありました。 と同時に、接客業に憧れがあった私には「やってみたい」という気持ちもあって。 で、チャレンジして、今 17年目(2021年時点)となります。

入社後、チャレンジしたこと

入社してから3つの資格を取得。
現在、4つ目の資格取得にチャレンジ中!
入社してからチャレンジしたことは、資格取得です。 私は入社して27年(2021年時点)になりますが、営業事務時代から取り組み始めて現在まで3つの資格を取得し、今あらたに4つ目の資格「建設業経理士2級」にチャレンジ中。 実践的な建設業簿記や原価計算のほか、会社会計も理解しないといけない資格です。 

この資格取得に取り組もうと思ったのは、2級土木施工管理技士の資格を取得してから知識の幅が広がったのを実感できたからです。 もっとすそ野を広げて知識を身に付けたい!という欲が出てきまして…。 私は営業職なので直接は関係ないかもしれませんが、少しでもこの業界特有の知識をさらに広く習得したいと考えたからです。

パソコンやIT関連が苦手なので、今後はスキルアップのためにもIT関連の資格も取ろうと計画しています。


出かけようとしている吉川社長をつかまえて、見積りについて相談。
たくさんの資格取得に挑戦し、合格できたのは、上司の後押しがあったこととと、いっしょに挑戦してきた仲間がいたからだと思っています。 

1人でがんばっていたら合格するのにすごく難儀したかもしれません。 そういう環境に恵まれたことは私にとっても幸運でした。


お客様からはしばしば、「おっちょこちょい」「すぐパツパツになるのが玉にキズ(!?)」とおしかりを受けながらも、いつもよくしていただいていることに心から感謝しています。

私が取得した資格のプチ★解説

「あと施工アンカー施工」という資格は、建築物の土台工事などで打設後のコンクリートに穴をあけてアンカーボルトを打ち込む施工を行う技術者のための資格です。 「土木施工管理技士」は、土木工事の管理を行うための資格です。 

私の場合は事務職の経験も長かったので、建設業経理の資格も取りました。 事務と営業両方の経験と、資格取得というチャレンジができたおかげで、お客様にも幅広い提案や情報をお伝えすることができています。

1日のスケジュール

■落ち着いている1日の例

6:00~ 起床、準備
7:15~7:45 通勤
7:45~8:10  掃除、朝礼、配送ミーティング

8:10~12:00
メールチェック、見積作成・回答、
客先打ち合わせ、電話対応、納品など

12:00~13:00 昼食

13:00~17:00
メールチェック、見積作成・回答、
客先打ち合わせ、電話対応、納品など

17:00~19:00
社内打ち合わせ、見積作成・回答、明日の準備

19:00~19:30 帰宅

19:30~23:00 夕食、娯楽、自由時間

23:00~ 就寝
クリックで拡大できます
けっこう重い荷物の積み下ろし作業もなんのその。 はじめのころは踏ん張れなかったり落としそうになったりしたけど、今では持ち方や詰み方のコツを覚えました。 かなり力持ちになりました(笑)。


課題・目標

初心を忘れない営業になる!
Y`S WELDINGの米澤社長は、いつもやさしく(?)叱ってくれるお客様の一人。いつもありがとうございます!

数ある会社の中から東光産業を選んでご注文をいただいているのだということを肝に銘じています。
まだまだお客様に教えてもらうことが多く、叱られることもしばしばあります。 期待されているからだと感じるからこそ、勉強させていただくという気持ちと感謝を忘れずにいたいと思います。 
お客様から選ばれ続けられるよう、正確・誠実な対応を心がけ、お客様のお役に立てる営業をめざしています。

【後輩・長谷川 海斗から一言】

本社営業部:長谷川 海斗(2020年入社)
僕は2020年に入社し、本社営業部に所属しています。 木次谷係長とは課は違いますが、同じ営業パーソンとして、「お客様に対して常に笑顔でいること」「親身になって話を聞く姿勢」を尊敬しています。 木次谷主任は、わからないことや相談事に対しても真剣に話を聞いてくれるので、何でも話したくなるような人です。

仕事のことだけでなく、プライベートのことや冗談話や、くだけた話もちゃんと聞いてくれます。 なかなか人に話しにくいようなことや悩みなども話せる先輩です。 僕も、誰に対してもそのような姿勢でいられる人間になりたいと思っています。






TOPへ戻る